本人にすれば重大なことなのですが

本人にすれば重大なことなのですが、現状ではAGA治療は保険対象外です。
頭が禿げであっても実際、命や健康に関わるものではありませんが、本人の精神的に、けっこう重い負担のかかるものです。
精神的な影響も考えて保険適用枠になるのなら喜ぶ方も多くなることでしょう。
女性なのですが、毛が薄くて困っているのです。
別に変わった生活はしていませんが、この間、50代から一気に薄毛が進んだのです。
現在では育毛用のサプリなどを通販で買い、飲んでいるのですが、髪の毛が生える気配はなかなかないです。
飲み始めて、約2ヶ月ぐらいですのでまだしばらくは、続けてみようかと考えています。
本当は抜け毛が増える季節がありました。
人の場合には、秋口です。
なぜなら、季節の切り替わり時期であることも理由の一つになりますが、強い紫外線のダメージを夏の間に頭皮が受けたからです。
そのため、日差しが強い間は帽子を利用するなどの対策が必要です。
生理がなくなってしまうと抜け毛が自然と増えるようになったりします。
それは、女性ホルモンのせいです。
通常、女性ホルモンというのは健康な髪を育てるのを助けてくれる素晴らしいホルモンです。
生理がなくなると女性ホルモンはあまり分泌しなくなるので、そのせいで、抜けてしまうわけです。
せっかく高価な育毛剤を購入したのに、全く効かないという声も頻繁に聞きます。
薬などと同じ様に育毛剤も、効き方には個人差があります。
育毛剤は、購入者まちまちの頭皮の状態や体質に合わせてできているわけではありません。
ですので、その育毛剤の成分が有効な人と無効な人に分かれてしまうのです。